電気工事士セットとは

電気工事士セットとは

電気工事士セットという言葉を聞いたことのある方はどのくらいいるのでしょうか。

そもそも電気工事士セットというのは名前のとおり、電気工事士として仕事をする上ではとても重要な道具のセットの事をいいます。

そして電気工事士の資格を取るときに必要な道具でもあります。

電気工事士セットの中身を簡単にいうとプラスドライバー、マイナスドライバー、ペンチ、ウォーターポンププライヤー、圧着工具、ストリッパー、電工ナイフなどがあり、試験で必要なものがセットで手頃な価格で購入できるというものです。

共通して試験で使われる道具はこのセットであることがほとんどですが、試験を受ける際に用意する道具が多少変更になる場合があるので、必ず電気工事士の試験のホームページを確認することをお勧めいたします。

この道具セットは毎年新しくなって販売しているので、各年の試験内容によって多少の変更もありますので、購入の際は必ず内容を確認しましょう。

電気工事士の仕事とは

そもそも電気工事士というのはどのような職業のことを言うのでしょう。

電気工事士という職業は第1種、第2種に段階があり、第1種を合格すると一般住宅やビルや工場の建設現場などのあらゆる場所の電気工事を着工することができ、その工事を安全にできるようになるための実技試験、学科試験を得ることで資格を得ることができます。

電気工事士は主に建設関係の仕事などで必要になる資格ではありますが、第2種の試験を合格すると、一般住宅や個人の商店などの600ボルト以下の電気工事であれば行うことができるので個人で取得する人も年々増えてきている傾向があり、その試験資格は年齢制限もなく試験を受けることができるので、工業高校に通っている人も試験を受けることができ、注目を集めています。

電気工事士セットの購入方法

電気工事士の試験を受けるにあたり必要な道具は電気工事士セットで、この電気工事士セットは技能試験には欠かせない道具がまとめて購入できます。

私たちの身の回りにある生活していく上では欠かせない電気なので、仕事に活用するのはもちろんのこと、生活していく上で持っていても困らない資格になります。